美容整形の内容について

横浜美容外科美容整形口コミ.com トップ > 美容整形Q&A > 美容整形の内容について

美容整形Q&A 美容整形の内容について

美容整形の内容について

目を二重にする埋没法と切開法、元の目によって適した手術がある?
はい、あります。まぶたに脂肪が少ない場合は「埋没法」が適しています。まぶたに脂肪が少ないと、糸を使用した比較的簡単な埋没法でも綺麗な二重を作り出すことが出来ます。それとは逆にまぶたに脂肪が多い場合は、「切開法」が適しています。まぶたに脂肪が多いことで、軽い二重手術だと、すぐに一重に戻ってしまうことがあります。
切開法を取り入れることで、メスを使用し、綺麗な二重を作り出すことが出来ます。切開法は半永久的効果があるため、より効果的です。
妊娠中に美容整形を受けても大丈夫?
妊娠中に美容整形を受けることは、決して好ましいとはいえません。これは授乳中にも同じことがいえます。「切開手術」、「有効成分注入」などを取り入れることの多い美容整形治療は、母体に影響のないものであっても、少なからず負担を与えてしまうことがあります。これがお腹の中で生きている胎児に影響を及ぼす可能性もゼロとはいえません。自分の身を守るためにも、お腹の中の我が子を守るためにも、妊娠中、そして授乳中には美容整形は避け、落ち着いた頃に受けると良いでしょう。
ヒアルロン酸注入で隆鼻術をしたら、どれくらい効果は持続する?
ヒアルロン酸注入による隆鼻術では、短くて数ヶ月、長くて一年ほどの持続効果を得ることが出来ます。しかし、半永久的な効果を得ることは出来ません。これはヒアルロン酸が元々人間の体内に存在している成分であることが大きく関係しています。ヒアルロン酸は注入し、時間が経つと、皮膚に吸収されてしまいます。この働きにより、効果を長期間持続的に得ることは出来ないのです。そのため、美容整形による効果を維持したいのであれば、定期的にヒアルロン酸を注入することが必要です。
「肝斑」と「シミ」の見分け方を教えてください。
非常に似ている「肝斑」と「シミ」。これらの違いはそれぞれが持つ特徴にあります。「肝斑」の最大の特徴は、「左右対称に出来る」というものです。また、頬骨あたりに出来ることが多く、薄い色合いをしています。それに比べ「シミ」は、左右対称に出来るとは限りません。頬や顎など、さまざまな場所に出来ます。シミの代表的な種類にはそばかすがあります。肝斑とシミは非常に似ている肌トラブルのひとつです。シミと肝斑の違いをしっかりと把握することで、適切な美容整形治療を利用出来ます。
ダウンタイムってどういう意味ですか?
美容整形治療を受けると、腫れや痛みなどを伴うことがあります。その状態のまま生活を送ろうとすると、支障をきたしてしまう可能性があります。そのため、治療を受けたあとは、腫れや痛みを鎮めるための時間をしっかりと確保することが必要なのです。その時間こそが「ダウンタイム」です。この時間の長さは、治療内容や個人で異なります。ダウンタイム期間中は、生活の中に制限が設けられることもあるため、この点をしっかりと頭に入れた上で美容整形を利用しましょう。

口コミ人気クリニックはこちら